福岡

ブログ

上峰幼稚園の1日観察をしてきました。

DATE2016.04.12

お天気に恵まれた中、上峰幼稚園の1日観察をおこないました。

ワークスのこどもの設計では、
“実際にその園でこどもたちや先生はどんな生活をしているのか”
“園内の空間はどのように使われているのか”
を見学させていただくことが多くあります。

園ごとに1日の過ごし方や、空間の使い方がそれぞれ違うからです。
その中で、あたらしい園にはどんな空間が必要かをみんなで考えるきっかけにもなります。

この日はこの春、入園して来たこどもたちもいて、新しい1年がスタートしたばかり。
園での生活は、先生方、こどもたちの工夫が溢れていて、
こちらも見学させていただくのがとっても楽しみです。

1

2

お天気もいいので、お外で遊ぶ時間も多かったこの日。
くつの履き替えなどの場所や仕方もチェックです。

3

お迎え待ちをするこどもたち。送迎の様子も園によって様々です。
制服のある幼稚園か、お着替えは?どこにお洋服を収納してるの?
室内の様子もみれるところはたくさんチェックしています。

4

柳川幼稚園が完成しました。

DATE2016.03.31

柳川の街並のあたらしいシンボル、柳川幼稚園が完成しました。
街並の色合いに寄せながらも、これからの未来の柳川をイメージできるようなデザインになりました。

ワークスのこども建築に新しい風をつくったこんな幼稚園ができたのも、
芸術的感性の高い理事長先生、こどもたちをよく知った園長先生、
実現するまで力を貸してくださったみなさまのおかげです。
これからの柳川をつくっていくこどもたちが、ここで明るい毎日を過ごせることを願っています。

1

北面は交通量の多い道路に接するため、直接的な視線を遮りつつ、やわらかい北の光を色々な角度からこどもたちに届けます。

2

既存園舎とつながる中庭へ広がる南面は、北面と対照的にオープンに。
こどもたちの遊び場としてちょうどよい広さになりました。


3

くつ入れのブルーと、ベンチの赤のアクセントがきいたエントランスホール。

4

 

5

柳川に暮らす人々の帰り道をやさしく照らす柳川幼稚園のあかり。
園舎は新しくなりましたが、地域の人々にも引き続き愛される園でありますように。

平尾保育園が完成しました。

DATE2016.03.31

いろいろな方々のちからを借りて、平尾保育園が完成しました。

福岡市中央区という「まちの中」にできた、木の匂い漂うやさしい保育園です。

7z2c0783-1

木の柱と漆喰の壁、無垢のフローリング、木製サッシから成る明るい保育室で、
こどもたちものびのびと新しい保育園での生活を楽しんでいてくれていました。

7z2c0772 7z2c0730

クラスのサインは「青い月」の中川さんのデザイン。それぞれのクラスのお花をピンク一色で表現してくださいました。
みやま保育園につづき「nishimokko」の西村さんとのコラボレーションで生まれました。

7z2c0639-1 

まちの中に緑の魔法をかけてくれたのは、「西海園芸」の山口さん。
小鳥が通うような、木の実が成るような、お庭をつくってくださいました。
岩をのぼったり、坂をかけあがったり、砂場であそんだり、こどもたちの笑い声がひびいています。

7z2c0968-1

7z2c0800 7z2c0819-1

引津保育園の起工式が行われました。

DATE2016.03.30

たくさんの方のご参席のもと、引津保育園の起工式が行われました。
いよいよ工事がスタートします。
みなさんの力を集結して、素敵な園を作っていきましょう!
よろしくお願いいたします。

2

1

この引津のシンボル、大きなセンダンの木を囲んで
新しい園舎が誕生します!

 

設計スタッフ募集中

DATE2016.02.9
10171811_1395829357361887_1294900188_n

現在、ワークス福岡事務所では
新たに設計スタッフの募集を行っております。

詳しくは>>【設計スタッフ募集のお知らせ】をご覧ください。

平尾保育園 工事が進んでいます

DATE2016.02.8

平尾保育園の工事が進んでいます。
お部屋のかたちもずいぶん見えてきました。
木の梁が支える、ホールや保育室。

もうすぐ内装工事もはじまります。
ここから、どんな風に完成していくのか、楽しみです。

160208A

160208B

園長先生、主任先生と一緒に内装の素材も
「どれにしようか」「これもいいね」とお話して、
だんだんとインテリアも決まってきました。

160208C

大工さんたちも頑張ってくれています。
3月末竣工予定です。

柳川幼稚園

DATE2016.01.20

IMG_4249

認定こども園「柳川幼稚園」の工事現場の足場と仮囲いがもうすぐ外れます。

3月竣工を目指して、頑張っています。

IMG_4251

平尾保育園

DATE2016.01.16

IMG_4237

平尾保育園の現場に建具がついて、

保育園らしくなってきました。

3月完成予定です。

あけましておめでとうございます

DATE2016.01.6

2016newyear

あけましておめでとうございます。

今年は、横浜メンバー、名古屋メンバー、福岡メンバーとちびっこが
勢揃いした新年会でスタートしました。

新年に向けてのミーティングも終え、
本年もがやがやと活動してまいります。

お近くにお越しの際は、ぜひ事務所に遊びに来てください。

2016年もどうぞよろしくお願いいたします。

にこにこキッズランド

DATE2016.01.5

IMG_4126

暮れのクリスマスイブの日に福岡春日に「にこにこキッズランド」

がオープンしました。

小児歯科医院の下のフロアーをリフォームして子どもたちのための

スペースができました。

ゴーデザインの大淵さんの心を込めた施工で無事完成です。

DSC_0871

みやま保育園のツリー点灯式

DATE2015.12.7

11052415_10204996554584753_8197047159774134684_o

 

11月27日金曜日、

長崎県諫早市みやま保育園。

中庭のとうひの木がクリスマスツリーになりました。

青い月の中川たくまさんがあたたかい写真を現場から送ってくれました。

木造の平尾保育園

DATE2015.12.7

IMG_3219

 

福岡市中央区の平尾保育園は平尾小学校の児童増加に伴う拡張計画のために、

中央高校の前の敷地に新築移転することになりました。

木石舎と設計機構ワークスが協働して設計監理を担当します。

8月8日に地鎮祭をして、地業工事も順調に進み、根切工事から基礎工事に

入っていきます。

IMG_3427

 

ベタ基礎が完成して、木造の建物の軽さに改めて驚かされます。

IMG_3651

計画地周辺は小学校、高等学校、高層マンションなどコンクリートの建物に囲まれています。

そんな街中にぜひ木造の園舎を建てようと初志を貫徹した、平尾保育園の理事長と木石舎の

佐々野さんに敬意を表します。

 

IMG_3710

木造といえども、子どもたちの安全のために準耐火構造の2階建ての建築物です。

空間にあらわしになる柱や梁は、火事になっても建物が倒壊しないように太くなっています。

火が出ても木の周りが炭化して、それ以上の木の燃焼を食い止めて、構造耐力を維持します。

だから、古い民家に使われていたような太い柱たちに触れながら、子どもたちは生活します。

太い四角い柱には、角に3センチの面取りを施してもらいました。

こもれび お披露目会

DATE2015.12.2

飯塚市潤野の住宅「こもれび」のお披露目会が行われました。

02

 

03

 

04

 

05

 

06

 

01

シェアオフィス「ブレイクスルー福岡春日」竣工

DATE2015.10.13

福岡県春日市にシェアオフィス「ブレイクスルー福岡春日」が竣工しました。

IMGP0914

こちらは築30年以上の古い学生寮だった建物が、リフォームされ、

シェオフィスとして生まれ変わったもの。

古い建物ですが、解体後のスケルトンの状態がかっこよかったので、

そのよさを活かし、作り込まず、シンプルな空間にしました。

IMGP0931

IMGP0940

このシェアオフィスの名前の「ブレイクスルー」、日本語では突破口という意味なのですが、

この言葉には、お施主さんの、これから起業する人たちの突破口となる場所になってほしいという

熱い熱い想いが込められています。

ちなみにHPもとても熱い感じです。

http://breakthrough-fukuoka.com/

じぶんのオフィスを持ちたいと考えている方、

ブレイクスルー福岡春日で突破口を見つけてみませんか。

IMGP0930

賃貸情報ブログみたいですが。。。まだ数部屋残っていますので、ぜひ!

柳川幼稚園 絶賛工事中

DATE2015.09.7

福岡県柳川市にて、認定こども園柳川幼稚園の増築工事がすすんでいます。

先日、碧く晴れわたった空のもと、上棟を祝う餅撒きが行われました。

都市部では餅まき少ないですよね?

僕は田舎育ちなので、幼少期、なんどか拾いにいった記憶がありますが、そもそも何故、上棟したら餅を撒くのでしょうか。

もともと家や建築を建てることは地域による共同作業でした。家を建てる、それはお金を持っていることを表します。昔はそんな富の象徴をねたむ地域コミュニティもあったようです。そこで、上棟という節目に、保存食である『餅』や『小銭』を撒き、地域に分配することで、地域コミュニティを円滑におこないたい、そんな何とも人間らしいきっかけから始まった風習でした。

建売が多い昨今では、都市部田舎に関わらず、なかなか餅まきをする建築も少なくなっていますが、折角の機会ですからね、楽しんで地域コミュニティを発展させていきたいですね。

 

IMG_0863

3 / 3123