福岡

ブログ

ワークス福岡移転

DATE2020.02.7

DSC_0408

2020年2月、ワークス福岡事務所は引っ越しました。

新しい住所は福岡市中央区大手門1−5−17 大手門フラット1階です。

以前、滑り台のあるかわいい子ども服屋さんがあったところです。

まだまだ、かたづけ真っ最中です。

福岡事務所移転

DATE2020.01.29

IMG_5477

ワークス福岡事務所は2月5日におとなりのとなりに引っ越します。

かわいい滑り台のある・すてきな子ども服屋さんがあった場所です。

片付けがすむまでご迷惑おかけするかもしれません。よろしくお願いします。

アトリエSORA 地鎮祭

DATE2019.09.3

8月26日月曜日、飯塚市高田の広い水田の一角にて「アトリエSORA」の地鎮祭。

SORA地鎮祭1

農振除外から農地転用、そして開発工事。

建て主のSORAさんの誠実で諦めない頑張りが実を結びました。

SORA地鎮祭2

筑羽工務店の秦さんと大工棟梁との杭打ちの儀。

厚い雨雲の下に力強いかけ声が響きました。

SORA地鎮祭3

木造平屋切妻の、住宅と写真スタジオとゲストハウスが来春には完成します。

石築地の家 棟上式

DATE2019.08.30

8月23日金曜日、早良区百道に「石築地の家」が棟上げしました。

石築地の家棟上げ1

元寇防塁のすぐ側に木造2階建ての瓦屋根の住宅が建ち上がりました。

石築地の家棟上げ

株式会社安恒組の手刻みによる施工です。

設計の基本方針は「長持ちする家」、構造も仕上げも丈夫で長持ちして、

代々大切に住み継いでいってもらえる長持ちする住宅をつくることです。

石築地の家棟上げ3

屋根は三洲のいぶし瓦、外壁は薩摩霧島の「そとんかべ」、内装かべはしっくいです。

光市虹ヶ浜 海の家

DATE2019.08.20

長い砂浜に面した松林の中に木造の夏の家がありました。

DSC_0439

横浜大倉山からPUKUTTO食堂もやし店長ががんばっています。

DSC_0397 

夜は砂浜に虹色のライトアップが幻想的でした。

DSC_0372

佐賀江北町永林寺保育園の棟上げ式

DATE2019.08.6

今年最高気温を記録した土曜日、永林寺保育園の上棟式が、屋根工事進行中の遊戯室の中で行われました。

永林寺上棟式

園長先生のお父様住職が祭主で、厳かな読経の声が遊戯室の屋根架構に響きます。

永林寺読経

式の後は、びっくりするような数の地域の人々や子どもたちが集まって盛大な餅まき。

長年地域に貢献してきた曹洞宗永林寺さんと、70年以上地域の子どもたちを見守り

育ててきた永林寺保育園が、みなさんに大切にされていることが伝わってきました。

永林寺餅まき

2000個のお餅と700袋のお菓子の準備も本当に大変だったでしょう。

猛暑の中、園長先生はじめ保育士の先生たちのご苦労に頭が下がります。

永林寺遊戯室

園舎の形も出来上がり、今から建築も外構植栽も仕上げに入っていきます。

永林寺掃除道具

地形を生かした多様な居場所に、子どもたちのうれしい声がひびくのが今から楽しみです。

平尾保育園芝張り

DATE2019.03.11

DSC_0003

3月11日いい天気に恵まれて、年長クラスの子どもたちが芝生を貼ります。

DSC_0019

西海園芸の山口さんも東京から駆けつけて指導に当たってくれました。

DSC_0025

2階のデッキからは小さいクラスの子どもたちがにぎやかに応援です。

DSC_0031

あっという間に小さな丘が芝生に包まれました。

永林寺保育園 地鎮祭

DATE2018.12.3

IMG_3151

境内のイチョウの葉が落ち始めた12月3日。雨天模様の建設地に白いテントが張られて、

IMG_3146

8人の曹洞宗のお坊さんの般若心境が響く、仏式の厳かな地鎮祭でした。

永林寺保育園 園舎おわかれ会

DATE2018.11.26

44年の間愛されてきた園舎との丁寧なお別れ会に、

子どもたちとたくさんの大人たちが駆けつけました。

DSC_0636

ワークススタッフも長年使われた園舎の部材で、

ブックエンドとバードフィーダー(餌台)をつくるワークショップのお手伝いです。

DSC_0644

みんなでつくったブックエンドとバードフィーダーは、

新しい園舎に来年の秋に持っていきます。

DSC_0726

イタリア乳幼児教育学びのツアー③

DATE2018.08.9

遅くなりましたが「イタリア乳幼児教育学びのツアー」第3回目のレポートを書き綴ります。

6月19日(火)午前、ピアッツァ(広場)で週1回ほど開催されるバザーを横目にし、足早にパニッツィ図書館を訪れる。(早起きしなかったことをとても後悔…)

IMGP5553

パニッツィ図書館はイエズス会貴族のための建物をリノベーションしたものです。

ペダゴジスタ(教育学者)と共同して、こどもの動きを考慮し、書架の配置を決め、各空間にコーナーはあるが、行き止まりのないデザインになっています。

館内では、スタッフが読み聴かせをしていたり、こどもが声を出して本を読んでいたり、静かにしなければいけない部屋があったり、日本の図書館とは少し印象が違います。

IMGP5503

ペダゴジスタはレッジョ・エミリア(アプローチ)では重要な役割を担っており、さまざまなところで登場します。また、小児科医とも共同し、こどもの推薦図書を選定したりと、こどもに関わる職業のつながりが顕著に見られます。

パニッツィ図書館では司書の「エリザベッタ」(写真右)が主に対話をしてくれました。

フリータイム_180702_0274

「図書館は静かな場所でなく、活動の場所」だとエリザベッタは言います。言葉の通り、パニッツィ図書館では多くのイベントを行っています。例として挙げると、

「本を読む楽しみだけでなく、描く楽しみを感じてもらうためにこどもたちが絵本を描き、1冊の本にして図書館に置く」イベントや、

「YVES KLEIN*1のように自分で色を作り、色のレシピを描き、色の名前をつける」イベントなどを行っています。(画質が悪いですがこどもが描いた色のレシピと色の名前)

色1

このようにパニッツィ図書館ではこどもたちの創造的な可能性を広げる活動を行っています。

「図書館の在り方とはどのようなものか」という私たちの問いにエリザベッタは「こどもと本の接点をつくる場所」と。

また、「本は好きか」という問いに対しては「本は読まない、好きでもない。情熱が本から人にシフトした」とも言っていました。

IMG_1121

パニッツィ図書館はこどもと本との接点つくるという「こどもの創造的な教育」や、人と人との接点をつくる「活動的な場」としての役割をもっていました。

最近の日本でも図書館の在り方が変化している事例など多々あるなと思い、勝手な対抗意識を持ったりした濃密な時間でした。

第4回はレッジョ・エミリアのロスタ・ヌオーヴァ地区で独創的な活動をしているピッツァーニ小学校の保護者団体との対話をお届けします。

IMG_1154

*1 YVES KLEIN – イヴ・クライン。フランスの画家で自ら顔料を開発し、「インターナショナル・クライン・ブルー」と名前のついた青を作りだした人物。

イタリア乳幼児教育学びのツアー②

DATE2018.07.17

「イタリア乳幼児教育学びのツアー」第2回目のレポートを書き綴ります。

IMG_0936

6/18(月)、ミラノから1時間半ほど電車に揺られて、モデナという街に。

まずはみんなでアルビネッリ市場で昼食。中世から続く市場らしく、チーズはもちろん、新鮮な野菜、魚、肉、果物など多種多様なものが並んでいます。

IMG_0965

そこから20分ほど移動し、イタリアの建築家「ミケーレ・ジーニ」と対話しました。

IMG_0969

ミケーレはレッジョ・エミリア・アプローチを実践している乳幼児施設のデザインガイドラインを作成した方です。多数の乳幼児施設を設計していて、日本ではオルト保育園(高田馬場)の基本設計を担当。

以下にデザインガイドラインに記載されている乳幼児施設設計における9つの大事な要素を並べます。(あえて訳さず本文そのままで載せます)

・Multisensoriality and soft qualities 

・Atelier 

・Piazza / Central square 

・Kitchen 

・The Archipelago classroom 

・A territory for learning

・Furniture

・Sustainability

・The school as a territorial hub

感覚的なこと、空間そのもの、空間を構成する要素など多岐にわたります。対話では主に上4つを丁寧に語ってもらいました。

「デザインガイドラインを決めても人によって解釈はそれぞれ。大事なところは抑えつつも、施主、設計者によって十人十色の建物ができる」とミケーレは言っていた。(左は通訳の小林さん)

ミケーレ対話

デザインガイドラインといっても凝り固まった縛りのあるものでなく、とても柔軟性に溢れた可能性を広げるものだと感じました。

今回のツアーで共通するキーワードは「柔軟性」、「可能性」あたりだと思います。これから書き綴るレポートでも要所ごとに感じてもらえるはずなので、頭の片隅に置いて頂けると幸いです。

第3回はレッジョ・エミリアにおいて図書館がどのような役割を担っているかなど、パニッツィ図書館の司書「エリザベッタ」との対話をお届けします。

続く

イタリア乳幼児教育学びのツアー①

DATE2018.07.12

ワークス福岡事務所の井佐子です。

ご縁を頂き、6/16(土)-6/24(日)の9日間、「イタリア乳幼児教育学びのツアー」に参加しました。

イタリアで体験した濃密な9日間のレポートを数回に分けて書き綴っていこうと思います。

フリータイム_180702_0248

第1回目は研修の全体的な概要について。

イタリアにあるレッジョ・エミリアという街。

ここでは「レッジョ・エミリア・アプローチ」という教育方法が確立され、街全体でこどもの教育に力を入れています。世界的に注目されていて、多くの保育関係者が視察に訪れる街です。

今回はミラノ、レッジョ・エミリアを中心に訪れ、「乳幼児施設」だけでなく、「乳幼児施設の設計者」、「まちの図書館、司書」、「まちの保護者団体」、「教育、芸術専門家」、「カラーデザイナー」など、こどもたちを取り巻く環境を視察し、人々と対話してきました。

研修には保育園経営者、保育園園長先生、保育園主任先生、保育園プロデューサー、デザイナー、建築家など12名が参加。

フリータイム_180702_0052

この12名で9日間、時間を共有し、さまざまな場所で対話を繰り返しました。

日々を共有していく中で、さまざまな思考、価値観が交わり、濃密な時間を過ごせたので、興味深いレポートを書き綴れると思います。

第2回はオルト保育園(高田馬場)の設計者でもあるイタリアの建築家「ミケーレ・ジーニ」との対話をお届けします。

続く

 

妙林苑 現園舎おわかれ会

DATE2018.01.29

DSC_0871

京都北区の妙林苑保育園は創立80年になります。

DSC_0875

現園舎も竣工して42年を迎え、新園舎完成と同時に解体されることになりました。

DSC_0891

今日は粉雪舞い散る中、現園舎お別れ会です。

100人以上の卒園生と在園生とその家族がお別れ会に集いました。

みんなで書いた寄書きと色紙のお飾りは、解体工事のその日まで、

遊戯室を飾ります。

DSC_0894

 

MEIJIKAN Opening Exhibition「HO...

DATE2017.01.27

meijikan0127a

羽犬塚のホテル改修プロジェクト
【羽犬塚プロジェクト】

いよいよその舞台『MEIJIKAN』の2階にできた『Gallery CHIGGO』にて、
Opening Exhibition「HOTEL ART IN」が始まりました。

4階のアートホテル客室を手がけた九州のアーティストさん4名
 ◎ 古賀義浩さん(美術家)
 ◎ 瀬戸口朗子さん(画家)
 ◎ 田中千智さん(画家)
 ◎ 平川渚さん(美術作家)
によるグループ展です。

オープニングイベントとして、29日(日)まで、平川渚さんによる久留米絣を使った
公開制作「地層を編む」を行っています。ぜひ、足をお運びください。

MEIJIKAN Opening Exhibition「HOTEL ART IN」
会期 : 2016.1.26-4.2(会期中無休)10:00-19:00
会場 : Gallery CHIGGO(MEIJIKAN2階) JR羽犬塚駅前
〒833-0031 福岡県筑後市山ノ井138-23 TEL:0942-52-5353

meijikan0127b

meijikan0127c

(photo:中川たくまさん/青い月)

みやま保育園のツリー点灯式

DATE2015.12.7

11052415_10204996554584753_8197047159774134684_o

 

11月27日金曜日、

長崎県諫早市みやま保育園。

中庭のとうひの木がクリスマスツリーになりました。

青い月の中川たくまさんがあたたかい写真を現場から送ってくれました。