福岡

ブログ

アトリエSORA 梁の加工がはじまりました

DATE2019.09.12

筑羽工務店の浮羽の作業場で、アトリエSORAの木架構の墨付けと切り込み。

DSC_4695

秦さんの提案で、見せる架構の一部を伝統的な丸太の小屋組にします。

DSC_4686

墨壺を初めてみる担当の思織さんも喜んでいました。

 

アトリエSORA 地鎮祭

DATE2019.09.3

8月26日月曜日、飯塚市高田の広い水田の一角にて「アトリエSORA」の地鎮祭。

SORA地鎮祭1

農振除外から農地転用、そして開発工事。

建て主のSORAさんの誠実で諦めない頑張りが実を結びました。

SORA地鎮祭2

筑羽工務店の秦さんと大工棟梁との杭打ちの儀。

厚い雨雲の下に力強いかけ声が響きました。

SORA地鎮祭3

木造平屋切妻の、住宅と写真スタジオとゲストハウスが来春には完成します。

石築地の家 棟上式

DATE2019.08.30

8月23日金曜日、早良区百道に「石築地の家」が棟上げしました。

石築地の家棟上げ1

元寇防塁のすぐ側に木造2階建ての瓦屋根の住宅が建ち上がりました。

石築地の家棟上げ

株式会社安恒組の手刻みによる施工です。

設計の基本方針は「長持ちする家」、構造も仕上げも丈夫で長持ちして、

代々大切に住み継いでいってもらえる長持ちする住宅をつくることです。

石築地の家棟上げ3

屋根は三洲のいぶし瓦、外壁は薩摩霧島の「そとんかべ」、内装かべはしっくいです。

光市虹ヶ浜 海の家

DATE2019.08.20

長い砂浜に面した松林の中に木造の夏の家がありました。

DSC_0439

横浜大倉山からPUKUTTO食堂もやし店長ががんばっています。

DSC_0397 

夜は砂浜に虹色のライトアップが幻想的でした。

DSC_0372

佐賀江北町永林寺保育園の棟上げ式

DATE2019.08.6

今年最高気温を記録した土曜日、永林寺保育園の上棟式が、屋根工事進行中の遊戯室の中で行われました。

永林寺上棟式

園長先生のお父様住職が祭主で、厳かな読経の声が遊戯室の屋根架構に響きます。

永林寺読経

式の後は、びっくりするような数の地域の人々や子どもたちが集まって盛大な餅まき。

長年地域に貢献してきた曹洞宗永林寺さんと、70年以上地域の子どもたちを見守り

育ててきた永林寺保育園が、みなさんに大切にされていることが伝わってきました。

永林寺餅まき

2000個のお餅と700袋のお菓子の準備も本当に大変だったでしょう。

猛暑の中、園長先生はじめ保育士の先生たちのご苦労に頭が下がります。

永林寺遊戯室

園舎の形も出来上がり、今から建築も外構植栽も仕上げに入っていきます。

永林寺掃除道具

地形を生かした多様な居場所に、子どもたちのうれしい声がひびくのが今から楽しみです。

「母の家」マンションリフォーム

DATE2019.08.5

高齢のお母さまとの生活に配慮して、過ごしやすい間取りの提案を行います。

S邸居間

飯塚市横田保育園 屋根工事完了

DATE2019.08.1

遊戯室の大きな架構が完成しました。

登梁の頂点接合をホームコネクター接合にするか、ボルト接合にするか、現場で議論しましたが、

結局大工さんの提案で、伝統的な仕口とボルトの併用でスッキリ治りました。

横田遊戯室天井

屋根工事は大分の株式会社一原産業さん。

ロの字型の捻られた屋根をスッキリ収めてくれました。

横田屋根

道路に面した正面の形も概ね出来上がりました。

横田正面

石築地の民家 墨付けと加工

DATE2019.07.31

7月23日株式会社安恒組の加工場にて、「石築地の民家」の構造材の確認。

IMG_4377

大工による伝統的な墨付け作業を経て、仕口の加工が進んでいる。

柱は一本一本使われる場所を考慮して、選定されている。

思った以上に節のない良質な材料が揃っていた。

IMG_4382

大きな工場でのプレカット加工に見慣れていると、手刻みの仕口が繊細で潔い。

8月に入ったらいよいよ棟上げ。

鹿島市ことじ保育園

DATE2019.07.26

佐賀県肥前鹿島のことじ保育園の設計が進んでいます。RC造2階建ての園舎の計画です。

ことじ

コンパクトな園舎に中に、子どもたちの多様な保育環境を提案していきます。

「ブレイクスルー福岡春日」見学会

DATE2019.07.25

4年前に、4階建て、築40年の学生寮を素材感を生かしてリノベーションした、

インキュベーター的性格を持つスモール、シェアオフィス「ブレイクスルー福岡春日」

7月19日は大村商工会議所の面々が「ブレイクスルー」の見学にお見えになりました。

プロソル

斬新なコンセプトで「ブレイクスルー」を企画し、運営している、株式会社プロソルの

佐藤圭さんが、「ブレイクスルー」誕生の経過とこれからの展望を熱く熱く語ってくれました。

長崎大村の地で、新しいすてきなプロジェクトが成功することを願っています。

大曽天主堂

DATE2019.07.24

新上五島町の中通島には、創建当初の姿を今にとどめるすばらしい教会建築があります。

世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」に指定された頭ヶ島集落にある

石造の頭ヶ島天主堂と、奈麻郷にある青砂ヶ浦天主堂と、そして青方郷にあるこの大曽天主堂です。

大曽

蝙蝠天井を支える木の柱の柱頭には、素朴な木彫りの文様がほどこされ、

窓には、シンプルな花の文様の木の枠の中に色ガラスがはめ込まれています。

私の祖父と小学校同窓の鉄川与助氏による設計施工の建築作品です。

この島には30棟を超える教会建築が入り江ごとにありますが、小さいながら

珠玉のような祈りの空間を体験することができます。

大切に守り伝えられていくことを願います。

「石築地の民家」地鎮祭

DATE2019.07.8

福岡市早良区百道の元寇防塁(百道)跡のそばに建つ「石築地の民家」が着工しました。

IMG_4288

地鎮祭は紅葉八幡宮の宮司さんにお願いしました。

IMG_4293 

施工は博多の安恒組さんです。

飯塚横田保育園 屋根が姿をあらわした

DATE2019.06.28

DSC_0309

横田保育園のロの字プランのうち、コの字部分の棟上げが完了しました。

中庭にマサ土が入って、残りの一片ランチルーム部分の基礎工事が始まりました。

DSC_03022

梅雨入りの空模様を睨みながら、屋根工事が進んでいます。

江北町永林寺保育園中庭工事進行中

DATE2019.06.26

DSC_03022

もちの木の下の幼児棟は仕上げ工事に入って、瓦屋根の本棟(ランチルームと乳児室と

先生の部屋)との間に石組みが完成し、木々のある斜面の中庭が姿を現しました。

DSC_0306

幼児棟の軒下からは、本棟の棟瓦越しに江北町の東の山の端が見わたせます。

DSC_0308

幼児棟の北には特徴的なフォルムの「資材のアトリエ」が森に囲まれて構えています。

DSC_0317

熊本県御船町新しいプロジェクトの宿題

DATE2019.06.7

IMG_4174

御船町で新しい医院建設のプロジェクトが始まります。

3年前の熊本地震で倒壊した建物に使われていた大きな3本の梁を使うことができたら・・・

それがワークスがいただいた宿題です。