福岡

ブログ

新しい和泉幼稚園ができました(4)石の家

DATE2019.03.28

「いしのいえ」

青空かがやく中庭と

風そよぐ白いアーチの回廊に

こどもたちはつばさをひろげる

幼児棟中庭

雨がおちる石の家の中庭の床にはレンガタイルと杉の木レンガを貼りました。

幼児棟中庭西陽

西側の園庭に面した開口には三原色のガラスが入っていて、夕陽を受けて輝きます。

幼児棟中庭2階

幼児の保育室もアトリエも、ぐるっと回廊でつながっています。

幼児棟オリーブ文庫

2階の回廊の東には絵本の部屋「オリーブ文庫」があって、保育室からも入ってこられます。

幼児棟南面

石の家の保育室は外側も全部デッキでつながっています。

2階のデッキから手がとどくところに、山口さんが木を植えてくれました。

幼児棟西面時計

西の園庭に向かった外壁面には時計がしつらえてあります。

立体的で木がたくさん植わった森のような園庭は、もうしばらく絶賛工事中です。

新しい和泉幼稚園ができました(3)土の家

DATE2019.03.28

「つちのいえ」

イエスさまが生まれた馬小屋のような

土壁の家で

やさしくはぐくまれて

乳児棟北面

土の家は2歳までの子どもたちのための、軒が低い木造の建物です。

左官の都倉さんがこころをこめて、厚い土の壁を仕上げてくれました。

乳児棟内廊下

土壁の土間の内側にあるヒノキの廊下には床暖房も入っていておもちゃと絵本がならびます。

乳児棟玄関

木の家の玄関には、まあるいつまみが並んだおしたくコーナーがあります。

乳児棟0歳児室

乳児の部屋のまんなかには枝のある柱が立っていて、木の実のような照明がついています。

かどの畳のほふくコーナーからは、おむかえに来るお母さんやお父さんが見えるよ。

新しい和泉幼稚園ができました(2)木の家

DATE2019.03.28

「きのいえ」

あおい十字架と

ふるいステンドグラスと

おおきな木にみまもられながら

 

遊戯棟列柱

木の家は南側を芝生の前庭に開いた、木の列柱を持つ遊戯棟です。

遊戯棟南面

前庭に面した6枚の木製建具を壁の中に収納して、全てを開放することができます。

遊戯棟南面内観

遊戯室内部は丸い6本の木の柱から伸びる方杖が屋根の架構を支えています。

前庭を通して向こうに見えているのが、土の家(乳児棟)の土の壁です。

遊戯棟CAFE

木の家の遊戯室の西側には調理室、東側には カフェのような子育て相談室があります。

相談室は表の通りに開かれていて、誰でも気軽に立ち寄れるようになっています。

新しい和泉幼稚園ができました(1)

DATE2019.03.25

東正面全景

筑後市の幼保連携型認定こども園「和泉幼稚園」の移転建替工事が完了しました。

2017年1月に設計依頼のお話をいただいて、開発許可申請と開発工事を経て、

2018年4月に建築工事に着手しました。園庭の工事はあとひと月ほどかかります。

正面サイン

芝張りの前庭をはさんで、左(南)側に乳児棟=土の家、右(北)側に遊戯棟=木の家、

そして奥(西)側に幼児棟=石の家を分棟して配置しています。広場見返し

それぞれの棟は芝生の周りの三和土(たたき)の土間で、段差なく繋がっています。

木の家の南の建具は全面を解放して、遊戯室と前庭を一体化することができます。

南面外観

土の家の南は小さい子どもたちのための、夏には木陰ができる石組みと芝生の庭です。

設計担当:土の家 坂口舞

     木の家 和田佳奈美

     石の家 石塚思織

監理担当:石塚思織

構造設計:アトリエ742 高嶋謙一郎

設備設計:シード設計社 鶴澄

外構造園:西海園芸 山口陽介 

建築工事:元請 大藪組 (監督)松藤彰信

     電気 アイワ・エンジニアリング 

     水道 牟田商会 

     空調 イクノ冷熱工業  

     家具 三好木工 

     什器 ブランチプラス

     塗装 コウケン

     サイン テツシンデザイン 

     ステンドグラス アントレ         

                                        −続く−

平尾保育園芝張り

DATE2019.03.11

DSC_0003

3月11日いい天気に恵まれて、年長クラスの子どもたちが芝生を貼ります。

DSC_0019

西海園芸の山口さんも東京から駆けつけて指導に当たってくれました。

DSC_0025

2階のデッキからは小さいクラスの子どもたちがにぎやかに応援です。

DSC_0031

あっという間に小さな丘が芝生に包まれました。

みやまの森こども園のうら山が生まれ変わりました

DATE2019.03.4

DSC_1277

長崎県諫早市「みやまの森こども園」のうしろの土地には防空壕の跡がありました。

大きな樹も生えていて藪だった斜面が子どもたちの遊び場に生まれ変わって、

うるの保育園と南ヶ丘保育園の園長先生とご一緒に見学させていただきました。

 

DSC_1258

大きな木の枝からは、長いブランコがぶら下がっています。

ガチャポンプを押すと、左官で作った三段プールに井戸水がたまります。

DSC_1290

三段プールから園庭まではやっぱり左官で作ったウォータースライダー。

みんなで野菜を作る畑もあります。西海園芸山口さんが半年かけて仕上げた仕事です。

保育園を建て替える当初からの、山崎園長先生の構想が次々に実現していきます。

まだまだ続きがありそうです。